読書週間

この一週間はパソコンに向かうよりも読書や調べごとをすることのほうが多い一週間だった。

うだつの上がらない会社の経営者ということで、最近話題の以下の2社に関する本を読んだ。

マザーハウス

裸でも生きる——25歳女性起業家の号泣戦記 (講談社BIZ)

裸でも生きる2 Keep Walking私は歩き続ける (講談社BIZ)

上記の2冊は特に予備知識もなく、書店で並んでいたので何となく購入したのだが、読みやすかった上に、いろいろとヒントになる部分もおおくて面白かった。

やる気になればどうにかなるが私のモットーだが、この人の場合はスケールが大きくて、このバイタリティには感心してしまう。

実は現在、モスクワのIT企業とやりとりをする案件があるのだが、とても勇気づけられた。

クックパッド

あと、以下の本も読んだが、こちらは上場にあわせて発売された、まあ、なんというか、マネーゲームの一環って目で見てしまって。。。

技術的な部分やコンテンツに賞賛するべきことが多いのは事実だと思うが、上場して資金調達が必要になるほどのビジネスモデルかどうかは、バカな私ではこの本から読み取ることができなかった。

600万人の女性に支持されるクックパッドというビジネス (角川SSC新書)