WP-CLI コマンドの `wp scaffold vccw` をアップデート

VCCW環境をほいほい作るためのコマンド `wp scaffold vccw` をアップデートしました。

コマンドの説明

このコマンドは、みなさんのパソコン内に、VCCW 環境を作るためのコマンドです。

NAME

  wp scaffold vccw

DESCRIPTION

  Generate a new VCCW environment.

SYNOPSIS

  wp scaffold vccw <directory> [--host=<hostname>] [--ip=<ip-address>]
  [--lang=<language>] [--update]

OPTIONS

  <directory>
    The directory of the new VCCW based guest machine.

  [--host=<hostname>]
    Hostname of the guest machine. Default is `vccw.dev`.

  [--ip=<ip-address>]
    IP address of the guest machine. Default is `192.168.33.10`.

  [--lang=<language>]
    Language of the WordPress. Default is `en_US`.

  [--update]
    Update files of the VCCW to latest version.

たとえば、wp scaffold vccw example.com っていう感じでコマンドを叩くと、vccw 用のディレクトリが自動的に生成されます。

あとは、そのディレクトリの中に cd して vagrant up するだけ。

新機能

VCCW はまあまあ頻繁にアップデートされるんですが、まれに box との互換性がなくなったりすることがあります。

設定ファイル(site.yml)の互換性は保つようにしているので、プロビジョナーを新しいものと置き換えればいいのですが、それがめんどくさいので、今回のバージョンでは以下のコマンドで既存の VCCW 用のファイルを最新版にアップデートできるようになりました。

wp scaffold <アップデートしたいディレクトリ> --update

これで安心して使い捨てな WordPress 環境が用意できます。