PHPカンファレンス福岡でWP-APIについて話してきました

少し時間が経ってしまいましたが、5/21に開催されたPHPカンファレンス福岡でWP-APIについて話してきました。

スライド

このセッションでは、WP-APIをWordPressに追加された単なる新機能として紹介するのではなく、それによって変化するワークフローや開発手法などの世界観を伝えることが狙いでした。

いろいろな感想のブログやツイートを拝見したところ、手が震えるほど緊張していた割にうまいこと伝えられたようで、とてもありがたいなと思っています。

PHPカンファレンス全体の感想

まず声を大にして言いたいのですが、PHPカンファレンスってどこもそうみたいですが、登壇者の皆さんの立ち居振る舞いがかっこいいですよね。

一方で芸人さんのライブかって思うぐらい盛り上がるセッションもあったりして、あれは話し手の一人として参加するときにすごーくハードルが上がりますね。

いやー、マジに緊張しました。笑

あと、来場者の皆さんも熱心で、そしてソーシャルを見てるとスキルが高い!

技術的なスキルというよりも人としてのスキルが高い人が多いなと感じました。

和歌山県の串本町というひどい田舎に住んでるものですから最近は引きこもり気味で、WordPress以外のイベントに出ることもほとんどないのですが、登壇後にとても多くの方が感想をお聞かせくださって、その内容が具体的なものばかりだったのが印象的でした。

あとセッションの内容で興味深かったのが、特定のプロダクトに関するセッションが僕だけで、あとはPHPという言語そのものについての内容が多く、テストやAPIというキーワードもたくさん目につきました。

あー、これ全然わかんねーやっていうものもいくつかあり、やばいですね。

 

というわけでとても楽しかったです。ありがとうございました!