Londonで開催されたWP-APIのイベント「A Day of REST」に参加してきた!

WordPress 4.4で追加された新機能 JSON REST API にフォーカスを絞ったイベント「A Day of REST」が、1/28-29の二日間、ロンドンで開催されたので参加してきました!

A Day of RESTについて

このイベントは、今、僕が最もイケてると思っている企業の一つHumanMadeが主催して開催されたイベントです。

あまりご存知じゃない人も多いかもしれませんが、この会社はAutomattic10upなどの企業と同様にWordPressコミュニティに多大な貢献を行っている企業の一つで、REST APIのリードディベロッパーのRyan McCueさんもこの会社に所属しています。

参加費が日本円で2万円近かったことやREST APIに特化したイベントということで、それほど大勢集まるイベントとは正直思っていなかったのですが、当日蓋を開けてみると欧米を中心に200人近い(?)人たちが集まり、セッションの内容もかなり熱いものでした。

ちなみにAMIMOTOもスポンサーとして参加しました。

セッションの内容

一つずつ紹介したいところなんですが、数が多いので、公式サイトをみてください。

以下のページからスライドへのリンクが貼られています。どのスピーカーもちょっとやそっと詳しいってレベルの人じゃないので、ぜひ一通り目を通しておくことをおすすめします。

Schedule

WP-APIのフロント側にNode.JSを設置する構成の話とか、WP-APIに完全対応した次世代のWP-CLIの紹介とか、ニューヨークタイムズやWIREDなどの超大規模メディアでの事例とか、僕にとっては過去のどのWordCampよりも充実した内容でした。

このイベントに参加して今さらイメージがつかめたのですが、WP-APIというのはadmin-ajax.phpの代替という位置付けで理解するといろいろ活用方法が見えてくるかもって思いました。うまく一言で伝えられないのですが、この辺りはおいおいサンプルコード等でベストプラクティス的なことを紹介していこうかなと思います。

Hack Day

二日目には、ロンドンのMozillaさんにお邪魔して、Hack Dayというイベントが開催されました。

正直言ってこれは辛かった。。。笑

このイベントは、WP-APIに特化したコントリビューターデイのようなイベントで、WP-APIに関連する様々な課題をいろいろなチームに分かれて解決するというものなんですが、非英語圏からの参加者が僕だけだったことと周りのレベルが高いのなんのって。。。

しかーし、いろいろもがいた結果、WP-APIチームにジョインしてしまいました!

https://github.com/WP-API

リードディベロッパーのライアンさんから「You! ジョインしちゃいなよ!」みたいな感じで突然GitHubアカウントを聞かれたのですが、これだけで行った価値があったってもんです。

そんなわけでコミットする権限ももらっていますので、WP-APIの日本語ドキュメントのプルリクエストを盛大に募集しています。

http://ja.wp-api.org/

 

 

 

あっ、そうそう、このイベントとは関係ないんですが、ホテルで上半身裸の女性と服を着た女性と3人でエレベーターに乗るというシュールな体験をしたんですがロンドンてすごくいいところですね。