Supporting open source WordPress plugins (訳)

海外の記事でちょっと面白い記事があったのと、この数ヶ月かなり本気で英語の勉強をしていて、トレーニングになるのかもと思って翻訳してみました。

あともう一つ、僕はEmailなどのクローズな方法で質問が来ると過去の経験からキレ気味に返事をしてしまうのですが(笑)、そういう自分に自戒を込めてという意味で。

ちなみに著者さんはMobilePressというWordPressプラグインの開発者さんで、南アフリカ在住のMatt Geriさんという方です。

MobilePressは当時はかなり有名なプラグインで、数年前までこのブログでも使っていました。

原文はこちら。

https://mattgeri.com/2016/01/15/supporting-open-source-wordpress-plugins/

以下翻訳です。気が付いたところがあれば指摘をお願いします。

Supporting open source WordPress plugins

かなり以前、ある会社と契約してた頃に、私はMobilePressというプラグインを開発しました。最終的に私たちはその会社を飛び出しそれをもとにしたスタートアップを作りました。その話はまた後日書きます。

私はそのプラグインがライブになった日を鮮明に覚えています。そのプラグインはみなさんのブログでモバイルバージョンを表示することを可能にした最初のプラグインの一つで、とても話題になりました。まだレスポンシブテーマやスマートフォンが主流になる以前の話です。

このプラグインはその後も伸び続け、まもなく数千ダウンロードに達し、人々はそれを愛してくれました。

しかしある時、みんながバグを見つけ始め、さらに彼らは自分たちが必要と思う機能や要望に基づいてカスタマイズしたがるようになりました。それについて聞いたことあります?ほとんどがソーシャルメディア上でのことです。

オープンソースのプラグインをサポートすることは決して楽ではありません。それにはとてもたくさんの決意や献身が必要です。何かを公開するのは簡単ですが、それを長期間にわたりコミットしていくことはとても大変なことです。

私も多くのオープンソース開発者と同じように、自分のオープンソースソフトウエアに対して十分なサポートをしていくことができません。

さらに話を難しくているのは、ネガティブなフィードバックです。私は、恩知らずなユーザーによるとてもたくさんのプラグインのレビューのディスカッションスレッドを見てきました。ユーザーはプラグインに対して完璧であることを期待し、私たちがフルタイムで働くだけの報酬をそれで得ていると思っています。これには本当にがっかりしました。

でも、そんなことは無視していくつかの工夫をすれば、オープンソースのWordPressプラグインを公開することはとても有益なものとなるでしょう。

  • あなたは、名刺代わりになる“プロダクト”を世に出すことができ、WordPress開発者の一員になることができます。
  • 数百、もし運が良ければ数千もの人々が、あなたのソフトウエアを使ってくれます。
  • あなたのキャリアに大きな成長をもたらしてくれます。WordPressコミュニティ内の様々な企業の経営者はあなたの貢献をとても好むでしょう。
  • 最新のツールやフレームワークなどを、あなたのプライベートな時間のプロジェクトで使うことができます。

では、ふてくさったり、フラストレーションを感じたり、モチベーションの低下に陥ったりすることなくオープンソースプラグインのサポートを継続することはできるでしょうか?ちょっとトリッキーですが可能です。ここでは私が経験上から得たあなたにもできる幾つかのコツを紹介します。

  • すべてのフィードバックに感謝しましょう。ネガティブなもの、ポジティブなものも含めて。そしてそれを提供してくれた人にも感謝しましょう。ネガティブなフィードバックに感情的になってはいけません。私はそれに長い間苦労し、ムッとしていました。しかし、時が経つとともに感謝するようになり、価値を見出すようになってきました。ある人はたまたま悪い日だったり、ある人はたぶん単なる荒らしです。そのことをいちいち気にしてはいけません。それが的を得たフィードバックなら受け入れましょう。さもなくば忘れてしまいましょう。
  • いつもフレンドリーに。スマイリーを送信したり感謝を伝えることで、あなたはとても手っ取り早くネガティブなフィードバックをポシティブなフィードバックに変えることができます。ユーザーが、あなた自身も彼らと同じように一人の人間であるとわかれば、彼らはすぐに思い直し、彼らのフラストレーションもましになり、態度を変えてくれます。
  • オープンソースソフトウエアであることを伝え、あなたが、あなたのソフトウエアがいずれ安定することをユーザーに約束しましょう。(以下を除いて)もしそのオープンソースソフトウエアがあなた自身のためのものなら、あなたが解決しなければいけません。またはあなたが書いたソフトウエアへの取り組みを見直す必要があるかもしれません。私が直接経験した例を紹介しましょう。最近、私は私のプラグインの新しいオーナーを探すことを検討しており、WordPressのコア開発に本格的に取り組み始めました。そうすることで、私自身の手によるサポートや、承認などの負担を減らすことができます。あなたも将来このようなことを考慮する必要があるかもしれません。誰にでも当てはまることではありませんが、私たちは活発なプラグインエコシステムを必要としており、それらはきっとあなたにも好都合でしょう。
  • あなたのプロジェクトを管理したり、他の開発者からのバグフィックスや新機能の追加などの手助けをプルリクエストで受け取るためにGitHubを使いましょう。Issueトラッカーを活用し、プラグインのreadmeでGitHub上で開発や管理を行っていることをユーザーに伝えましょう。
  • プラグインを書いている時は常にベストプラクティスを把握しましょう。これによって、単に他のコントリビューターによる貢献を簡単にするだけでなく、私はそのことで多くのバグを排除できることがわかりました。VVVやPHPStorm、PHPCSのようなツールも使いましょう。そのことがあなたの人生をとてもシンプルにしてくれます。私のコース “Ultimate WordPress development environment” にサインアップすることも忘れないでください。ここでは、これらのツールをうまくセットアップする方法をお見せしています。
  • 毎週プラグインのサポートの時間を設けましょう。そしてその時はサポートだけに集中しましょう。私たちは本当に忙しい日々を過ごしているし、今後さらに忙しくなるでしょう。もしあなたがサポート時間を毎週設けることができないなら何も起こりません。繰り返しますが、私はこの難しい課題に取り組んできましたが、それをやりきった今、とても大きなものを得ました。
  • あなたのプラグインに対してリクエストが来たカスタマイズ作業は請求しましょう。WordPressプラグインをリリースすると、たくさんの新機能のリクエストがEmailやその他のチャンネルで届きます。私はあなたに時給を決めておくことをおすすめします。それから誰かがあなたに新機能のリクエストをしてきた時に以下のように伝えましょう。「新機能のリクエストをいただきとてもありがとうございます。それはとても素晴らしいアイディアだと思いましたので取り組むべき作業として記録しました。もしあなたがこれにすぐに取り組むことを希望するなら、あなたのためにその機能を開発することができます。私の時給は○円です。そしてこの作業は完了までに約5時間必要となります。あなたは来週にはこの機能の完成品を受け取ることができ、Changelogの中でこの機能のスポンサーとして明記させていただきます。この件についてどう思われますか?ぜひすぐに始めたいと思っています。」あなたはどれぐらいの人が新機能のスポンサーになるかについてきっと驚くでしょう。あなたが何も言わなくても、みんなが新機能にお金を払いたいと言います。今まさに私の受信箱には1件届きました。

上述のような取り組みを行うことでオープンソースプラグインに伴う苦痛を和らげることができるでしょう。そしてあなたがハッピーな開発者になることを願います。もし何か意見があればお知らせください。私はそれを楽しみにしています。