TinyMCE Templatesがパワーアップして超便利になりました。

WordPressのTinyMCE Templatesプラグインをアップデートしました。

https://wordpress.org/plugins/tinymce-templates/

今回のアップデートでは、いくつかの大きな改善を行いました。

 

ショートコードによるテンプレートの挿入

これまでテンプレートの挿入には、HTMLソースをそのまんま挿入していましたが、テンプレート作成時にショートコードとして挿入するかどうかを選択できるようになりました。

たとえば価格表など、同じ内容のコンテンツをいろんなページに記述したいことはよくあると思います。

そんな時にショートコードとして挿入しておくと、テンプレートを修正することでまとめて更新することが可能になります。

これは実際に使ってみると笑けるほど便利なのでぜひお試しください。

 

UIの改善(1)

これまで、テンプレートの挿入ボタンはツールバーの中に入っていましたが、以下のようにわかりやすい位置に移動しました。

 

UIの改善(2)

テンプレート挿入時のポップアップ内でも、エディターのCSSが適用されるようになりました。

これによりテンプレートの選択がわかりやすくなったと思います。

 

共有選択機能の廃止

これまで、テンプレートを作成する際には共有するかどうかを選択出来ましたが、この機能は廃止しました。

編集などの権限は、通常の投稿と同じ権限が適用されます。

 

有料アドオンの提供

まだサイトなどが不十分なんですが、有料アドオンの販売を開始しました。

このアドオンをインストールすると、テンプレート内に{$title}などのテンプレートタグを埋め込むことができるようになり、それらを[template id="xx" title="Hello World!"]のようなショートコードで書き換えることができます。

テンプレートの作成画面

テンプレートの挿入

サイト上での表示

かいつまんで説明すると、おれおれショートコードをほいほい作れるイメージですね。

 

アドオンの購入は以下のサイトでどうぞ。

http://miya0001.github.io/tinymce-templates/