僕がVCCWが楽しい理由

朝が来るまでは今日だもんね!というわけで、ひとりアドベントカレンダー9日目の記事です。

今日、2人の人がVCCWでいろいろ検証してくれて、レンタルサーバーにVCCW上のWordPressをデプロイする方法をブログに書いてくれました。

この2人は、VCCWにプルリクをくれたことのあるコントリビューターさんでもあり、たぶん検証も含めると半日近い時間をかけたんじゃないかと思います。

 

そして、このWordMoveを組み込んだのは僕ではなく@_tanshioさんという方で、組み込み方法をブログに書いているのを発見して、プルリクをくださいとお願いしたらこころよくプルリクを送ってくださいました。

VCCWには合計で9人のコントリビューターがいて、英文のReadmeを修正してもらったり、僕があまり使ってない環境でのバグを修正してもらったりと、いろんなひとが協力してくれて、おかげさまで僕が配布しているどのWordPressプラグインよりも圧倒的にたくさんのスターがついているプロジェクトになりました。

 

で、この人たちはVCCWをもっとも愛してくれているファンでもあると思うんですよね。

なので、バグっぽい報告があった際に、ソーシャルで「ちょっと検証してー」と言うと進んでやってくれますし、こうやってブログも書いてくれます。

自分が困ってるちょっとした小さなことをこうやって共有して、みんながハッピーになるというのはすごく素晴らしいことです。

 

そして、僕はみなさんの集合知を吸い込んでいろんなことを学んでいます。

そのなかのいくつかはVVVというWordPressのコアチームが使用しているVagrant環境に僕がプルリクを送ることで反映され、さらに大勢の人の役に立ったりもしています。

VCCWで学んだインフラのテスト手法をWP-CLIのリードディベロッパーのダニエルさんに、「すげーかっこいいね!」って褒められたりもしました。

なんのつながりもない人たちが共同で何かを作り、それがさらに大勢の人の役に立ち、自分のスキルも上がる。

最高に楽しいです。