WordPressプラグインの選び方

こんにちは!

この記事は、WordBench串本の人によるアドベントカレンダーの1日目の記事です。

今回は初日なので初心者向けの記事です。

WordPressプラグインとは

WordPressの公式ディレクトリには、本日現在で34,701個のプラグインが登録されており、791,278,185回ダウンロードされています。

そして、この記事を書いている現在、Most Popularの第1位に並んでいるのが、我らが三好さん作のContact Form 7です!

https://wordpress.org/plugins/contact-form-7/

Contact Form 7のダウンロード回数を見てみると。。。

21,955,368

すごいですね。だいたい4回に1回ぐらいはContact Form 7がダウンロードされている計算になります。。。。

ちなみに、僕と三好さんは2人ともTakayuki.Mで、その上、海外の人が僕の名前を発音すると宮内みようしになってしまうという非常に紛らわしいことになっててたびたび間違えられるんですが、僕はContact Form 7の作者じゃありません!

さすがとか言われてもうれしくないですから!

プラグインをどうやって選ぶべきか

WordPressにはとても膨大な数のプラグインがあるんですが、どれでもおすすめというわけではありません。

そこで初心者の皆さんが比較的簡単に判断できるであろう判断基準を考えてみます。

もっとも大事なのはアップデートをきちんと行うこと。

ここで紹介するよいプラグインを選ぶ方法は、ユーザーのみなさんがきちんとアップデートをするという前提に基づいています。

アップデートはとても重要なので、常に最新版を使うことを心がけてください。

公式ディレクトリに掲載されていること。

まず、これはもっとも重要です。

公式ディレクトリ上にあるプラグインを使用すると、自動アップデートが働きます。

どんな優れたプログラマーでも必ずミスは犯しますし、現時点で知り得ない未知のリスクが将来発生することもあります。

公式ディレクトリ上のプラグインならアップデートがとても簡単かつ自動で行うこともできますので、かならず公式ディレクトリ上のプラグインを使用しましょう。

(もしくは自作のプラグインを使用するか。)

自動バックグラウンド更新の設定

たくさんの人が使っているプラグイン

大勢の人が使っているプラグインは、人気を得るだけの信頼性などが期待できます。

たとえば同じ機能のものなら、UIとかにまどわされずに人気があるものを選ぶべきです。

もしUI等の別の要素で選ぶのなら、自身でソースコードをレビュー出来るだけのスキルが必要になることを理解しましょう。

頻繁にメンテナンスされている

メンテナンスが長期間にわたって止まっているプラグインは使うべきではありません。

WordPressの公式ディレクトリでは2年以上メンテナンスされていないプラグインは、以下の図のように警告が出ます。

そういうプラグインは使うべきではありません。

あきちゃうことがあるんですよね。。。

誰が作ってるのか?

実は僕がもっとも重視しているのは誰が作っているのか?です。

たとえばWordPress.comを運営し、JetPackなどを公開しているAutomatticさんは、もっとも信頼できるプラグイン開発者のひとつでしょう。

Automattic

他にもイベント等であった開発者さんとか、人で選ぶこともかなり重要だと僕は思っています。

そして実は僕はごく限られた人のプラグインしか使用していません。

あとは、上述のAutomatticさんとか、Contact Form 7とか、GitHubでプラグインを公開している知人のものとか。

 

まとめ

まとめると以下のような感じです。

  • 公式ディレクトリに掲載されていること
  • たくさんの人がつかってるプラグイン
  • 頻繁にメンテナンスされているプラグイン
  • 誰が作っているかも重要

そしてなによりもアップデートが大事です!