VCCWでWordPressのベータ版を試す。

VCCWを使うとWordPressのバージョンを簡単に切り替えることができます。

VCCW

$ wp_version=4.1-beta1 vagrant provision

以上のコマンドを実行するだけ。

元に戻したい場合は、

$ vagrant provision

です。

プロビジョニングにかかる時間は3分ちょっとぐらいなので、手作業でやるよりは断然簡単ですよ!

 

記事などがぶっとぶのが嫌だという人は、以下のコマンドでエクスポートしたものをインポートし直すといいです。

$ wp db export /vagrant/www/export.sql

テーマやプラグインなどのファイルが削除されることはありません。

 

あと、先日VCCWをアップデートしまして、http://example.com/みたいなURLでアクセスしたいけど、WordPressはhttp://example.com/wp/みたいなサブディレクトリにインストールして、一発でプロビジョニングできるようになりました。

WP_HOME              = ""
WP_SITEURL           = "/wp"

wp-config.phpに書く内容とほぼ同じです。(VCCWではスキーマやドメイン名を書く必要はありません。)