WordCamp Kobe 2013の「ウェブディレクターのためのWordPressサイト運用事例」の補足説明などなど。

6/15に開催されたWordCamp Kobeで「ウェブディレクターのためのWordPressサイト運用事例」という内容で登壇させていただいたので、その後報告とあわせて、当日テンパッてうまく伝えられなかったことを補足したいと思います。

今回のセッションの趣旨

高速化とかプラグインとかすごく多様な選択肢がありますよね。

しかし実際には、その多様な選択肢の中からどれか一つを選択する必要があり、このプロセスに専門知識が必要です。

そこで、高速化とバックアップについて、これを使っておけば簡単だし効果も十分というものを、選択肢を絞ってご紹介させていただきました。

プラグインによる高速化について

セッションにあたり超有名なキャッシュ系プラグイン二つをテスト環境にインストールしてベンチマークを行いました。

で結論だけ申し上げますと、僕はほとんどのサイトではWP Super Cacheで十分ということで、WP Super Cacheを強くおすすめさせて頂きました。

Screenshot_2013_06_13_22_24

その根拠は以下のとおりです。

簡単に効果が得られた。

以下は当日にもお見せしたベンチマークの結果です。

wckobe.013

秒あたりのリクエスト数が飛躍的に改善されてますよね。(200倍以上!)

このための設定がWP Super Cacheでは、キャッシングを有効化するだけでした。

Screenshot_2013_06_18_12_55

 

一方でW3 Total Cacheではどうだったかというと、ページキャッシュを有効化しただけで10倍ほどには改善されましたが、WP Super Cacheの200倍と比べると物足りない印象です。

W3 Total Cacheは機能が豊富で、多様な機能を環境にうまく組み合わせて設定すればWP Super Cacheよりも高速化が可能なんですが、それを実現するには本をかけちゃうぐらいの専門知識が必要なんですよね。

そんなわけで、簡単に効果が得られるという意味では、WP Super Cacheは実際に簡単でしたし、効果も劇的です。

Automatticさん謹製

キャッシュ系プラグインってやってることは全部同じです。

それなら、WordPressの総本山でありWordPress開発のリーダーでもあるAutomatticさんが開発してるものでいいじゃん。

と僕はシンプルに考えちゃっています。

膨大なユーザー数

WP Super Cacheのダウンロード数は460万です!

これぐらい膨大なユーザー数があるとフィードバックも膨大でしょうから、バグやセキュリティホールの情報も実際に早いです。

キャッシュ系のプラグインを使う上で大事なこと

キャッシュ系のプラグインは、その仕組み上、セキュリティリスクが発生しやすいジャンルです。

今年の4月にも以下のようなセキュリティホールが発見されました。

WordPressで『WP Super Cache』『W3 Total Cache』をご利用のお客様へ / 新着情報 / お知らせ – ロリポップ!

そのためキャッシュ系プラグインとは以下のようにお付き合いしていくことを強くおすすめします。

  • アップデートはこまめに行うこと!
  • あれこれ試さない!(有名なプラグイン以外は使わない!)
  • よくわからない機能を有効化しない!(自爆ボタンが含まれてるぐらいに思っといたほうがいいです。笑)
  • キャッシュファイルがどこに、どんな内容で保存されてるか把握しましょう! 

バックアップ系プラグイン

これは、あえてVaultPressを一択で。

僕はレンサバをあまり使わないので正直良くわからないのですが、リカバリーまで考えると、VaultPressが最強だと思います。

無料のバックアッププラグインもありますが、これもキャッシュ系プラグインと同じくセキュリティリスクをもたらしやすい系統で、なおかつどれも設定が難しく感じました。

wckobe.028

「月額5ドルのコストが高いと感じる & アクセス制限とかめんどくさい」というユーザーのみなさんには、レンタルサーバー屋さんにおまかせというのも、正しい選択の一つではないかとも思います。

WordCampの感想

怖そうで評判のあのブレンちゃんが終始笑顔でイベントが終わったことからも、大成功だった感じがかいま見えますね。

(つうかこの実行委員長、当日はヒマそうにしてて、この顔のわりに仕事が出来るヤツだなって思った。笑)

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

僕にとってのWordCampは人と会うとことが最大の楽しみで、今回ははじめて水野さんとゆっくりお話できたし、いつものおじさんたちやお姉さまたちとも大騒ぎできたし、田舎に住んでるので交通費とか移動時間とかイタイですけど、それでも参加する価値はあったと思います。

(串本って、東京から神戸に来るよりも時間がかかるんだぜ。。。)

ひとつ残念だったといえば、AutomatticのさんとKarimさんと結構同じ時間を過ごしたのに、ほとんど話ができなかったことですね。Karimさんはフレンドリーな人だったのでチャンスだったのに…。

英語力以前に足りないものがあることを痛感しました…。