WP Total Hacksについて – 投稿&ページ編

このサイトで配布しているプラグイン”WP Total Hacks”について、昨日の記事に引き続き今回は投稿&ページの設定をご説明します。

投稿&ページ

このタブには編集画面をカスタマイズするための機能があります。

投稿のメタボックスを削除

WordPressの投稿やページの編集画面には、ビジュアルエディター以外にもメタボックスと呼ばれる様々なボックスが配置されています。

これらのメタボックスの中には、クライアントへの説明が難しいメタボックスや、場合によっては使ってほしくないメタボックスがもあるかもしれません。

そんな場合には、削除したいメタボックスにチェックを入れることで、編集画面から削除されます。

ページのメタボックスを削除

投稿と同じく不要なメタボックスにチェックを入れてください。

リビジョンコントロール

WordPressには過去のリビジョンを保存する機能があります。

同じページを何度も編集するとこのリビジョンが膨大に並んでしまいますので、それが気になる方はプルダウンメニューで保存件数を選択してください。

0を選択した場合はリビジョン機能はオフになります。

念のため申し上げておきますが、このリビジョンが増えたからと言ってサイトの表示のパフォーマンスに影響はありませんので、好みの問題だと思います。

自動保存を無効

WordPressには30秒間隔で自動保存を行う機能があります。

これが嫌いな方は有効化することで自動保存が停止します。

私の経験では、カスタム投稿タイプ+カスタムフィールドを使用したプラグインでは、いつのまにかカスタムフィールドの値が消えてしまうバグがあるプラグインがあります。

そんな場合は、自動保存を無効にすると解消されます。

セルフピンバックを停止

コンテンツ内からリンクを貼ると、URLを抽出してピンバックを送信する機能がありますが、サイト内リンクでは余計なお世話と感じることが少なからずあります。

そんな場合は、この機能を有効にすると、サイト内リンクに対してはピンバックを送信しません。

ページに抜粋を追加

テーマによっては投稿だけでなくページにも抜粋が欲しい場合があります。

この機能を有効化すると、ページの編集画面にも抜粋入力用のテキストエリアが表示されます。