WP Total Hacks について – サイト設定編

本日リリースしたWP Total Hacksについてですが、ちょっと詳しく解説をします。

https://firegoby.jp/wp/wp-total-hacks

すべての項目を1ページで説明するのは無理なので、本日以降4回にわけて管理画面のタブごとにご説明します。

サイト設定

Faviconを追加

お気に入りに登録した際などに表示されるfavicon.icoを設定できます。.ico以外でもアップロードできますが、.ico以外のファイル形式は残念ながらieに対応していません。

wlmmanifestとxmlrpcの自動削除

これらはリモート投稿機能と言って、外部のソフトウエアなどを使用する際に必要なタグですが、デフォルトではリモート投稿がオフになっています。

この機能を有効にすると、WordPressの[投稿設定]にあるリモート投稿が有効か否かによって、自動的にこれらのメタタグが出ないようになります。

前後の投稿へのリンクをページで無効化

WordPressでは、前後の投稿へのリンクをメタタグ内に自動的に出力しますが、ページでは前後の投稿という概念そのものがないため無いほうがいいかもしれません。

好みによると思いますが、この機能を有効にするとページでのみ、これらのメタタグが削除されます。

バージョン情報をheadから削除

好みの問題ですが、この機能を有効化するとメタタグで出力されるWordPressのバージョン情報を削除します。

念のため申し上げておきますが、このメタタグが出るからと言ってセキュリティリスクがあることにはなりません。

あくまでも好みの問題だと思います。

#moreアンカーを削除

WordPressでは、続きを読むリンクに#more-xxxアンカーをつけてくれますが、場合によってはお節介と感じることもあります。

余計なお世話と思った方は有効化すると幸せになれます。

抜粋から[…]を削除

これも、#moreアンカーと同様に余計なお世話と感じることがあります。

そんな場合は有効化されると、出力されなくなります。

Google Analyticsをインストール

Google Analyticsのコードを入力できます。

管理者には表示しないように設定することで、より精度の高いアクセス解析結果が得られると思います。

ウェブマスターツールの認証

検索エンジンのウェブマスターツールで提供される認証コードを入力できます。

メタタグをそのまま入れるのではなく、認証コードのみを入力してください。