oEmbed Tweet – URLをコピペするだけでツイートを引用


ツイッターのパーマリンクをコピペするだけで記事内に引用できるプラグインです。

ホームページ内にTwitterのつぶやきを引用する方法としては、Twitter社謹製のBlackbird Pieというのがありますが、スタイルがインラインで決め打ちで入っているのでCSSやレイアウトをカスタマイズ出来るように、似たような奴を作っちゃいました。

使い方もはるかに簡単です!

WordPress › oEmbed Tweet « WordPress Plugins

以下は、このoEmebed Tweetを使用して挿入したツイートです。

使い方

  • ツイートのパーマリンクを開く。
  • URLをWordPressのビジュアルエディター内にコピペ

仕様

  • WordPressのoEmbedインターフェースを使用して、ツイートのパーマリンクをコピペするだけで、ツイートを引用できます。
  • ツイートを取得する際にはTwitter APIを使用していますが、APIから得られたJSONデータはキャッシュしていますので、Twitterに障害があっても表示には影響がありません。
  • ツイートを表示するためのHTMLやCSSはテーマファイルのディレクトリ直下にコピペして編集し、カスタマイズすることができます。
    • oembed_tweet.tpl – テンプレート
    • oembed_tweet.css – CSS
  • デフォルトのCSSはCSS3を使用してグラデーションや角丸を使ってます。(IEには非対応)

ショートコードを使用したツイートの引用

ツイートを挿入する方法は上記で紹介した方法以外にもBlackBird Pie同様にショートコードインターフェースも用意しています。

[[oEmbedTweet 記事のID]]
  • eEmbedTweetの後ろにスペース記事のIDと続けてください。
  • 記事のIDはツイートのパーマリンクURLの末尾にある数字です。
例: [[oEmbedTweet 41172243178323968]]

更新情報

2011年03月30日
oEmbed Tweet 1.0.0
2011年03月08日
oEmbed Tweet 0.22
2011年02月27日
oEmbed Tweet 0.1

こちらもどうぞ

同じような感じで、以下のようなリンクを貼ることができます。

http://firegoby.jp/wp/url2link

 

oEmbed Tweet – URLをコピペするだけでツイートを引用” への15件のコメント

  1. いつも有難く使わせて頂いております。

    今回、WordPress の設置サーバーを移転することにしたのですが、移転先でTweetを引用できません。
    ソースを見ると引用箇所が以下の様になっていました。

    1970/01/01 09:00:00 via




    どこかに取得されたJSONデータを保存していたりして、それも引っ越さなくては駄目でしょうか?

    解消方法をご教示頂けると嬉しいです。

    以上、失礼いたします。

    • もしかしたらtwitterのapiの仕様等で古いツイートを参照できないのかもしれませんね。
      optionテーブルにapiの結果を保存してますので、phpmyadmin等でそれをごっそり移行すれば復活すると思います。

      • >miya さん
        回答ありがとうございます。

        wp_options テーブルをインポートしてみたのですが、結果変わらずでした。orz

        移すテーブルを間違えているのでしょうか?(T-T)

        • 追記です。
          解決できました。

          postmeta テーブルのインポートで解消しました。

          記事内で使ったツイートのIDをデータベース全ダンプしたSQL内で検索をかけた結果、postmeta テーブルにあったので、試したところ、上手く行きました。

          お騒がせいたしました。
          ありがとうございます。

  2. 初めまして。プラグインを探していたらこちらに辿り着きました。

    使い方が簡単なので利用させてもらおうと思っているのですが、リンクの指定を新窓にするのは可能でしょうか?

    PHPはど素人なものでどう記述すればいいのかわかりません。検索はかけてはみたのですがヒントになるものは見当たらず。お手隙の時にでもご教示をお願います。

    • プラグインのソースを独自に修正すると自動アップデートのたびに戻ってしまうので、あまりご推奨できません。
      あと、この部分はtwitterのapiの出力をそのまま使用しているので、jQueryもしくはphpの正規表現とかのテクニックが必要です。

      以上、いろいろとめんどくさい割に、メリットもあるかないかわからないです。

      • jQueryはほんの少しだけかじってるので出来るかもしれませんが、確かに自動アップデートのたびに戻ってしまうのでめんどうですね…。

        個人的に外部へのリンクは新窓にしてるので出来たらいいなと思ってたんですが、絶対という訳でもないので諦めます。ありがとうございましたm(_ _)m

  3. いつも便利に使わせて頂いております。

    たびたび申し訳ありませんが、再びトラブルで困っております。
    下記の様なエラーが出て、oEmbed Tweet が利かなくなりました。
    Warning: file_get_contents() [function.file-get-contents]: http:// wrapper is disabled in the server configuration by allow_url_fopen=0 in サーバーのWordPress置き場/wp-content/plugins/oembed-tweet/oembed-tweet.php on line 77

    サーバーの設定でラッパーの使用ができないと言われているのですが、oEmbed Tweet ディレクトリのパーミッションを777に変更してみても結果に変わりありません。

    どこを見落としているのでしょうか?
    ご教示頂ければありがたく存じます。

    以上、失礼いたします。

    • これはパーミッションによるものではなく、phpの設定でallow_url_fopenが無効になっているからです。
      php.ini等で有効化すれば問題は解消されます。

      なお、レンタルサーバーではphp.iniの変更ができない場合もあります。

      • 早速の回答ありがとうございます。
        原因と解決策がわかって、とても助かりました。

        php.ini の変更が出来ない場合は諦める他ないということですね。(T-T)
        確認してみます。

        ありがとうございました。

  4. ピンバック: 【WordPress Plugin】ツイートのパーマリンクを挿入するだけで美しく引用できるoEmbed Tweet » aguila o sol

  5. WordPress › oEmbed Tweet « WordPress Plugins
    http://wordpress.org/plugins/oembed-tweet/stats/

    >This plugin is no longer supported and is not recommended.

    つい先週インストールしたばかりだったのですが
    今日別のブログにインストールしようとすると
    ダウンロードしたoembed-tweet.phpに上記のようなメッセージが記載されていました。

    公開停止されてしまったのでしょうか、、、?
    これからも利用しようと思っているので
    使うのをやめたほうが良い理由があればお聞きしたいです。

    放置してたら勝手にlonger supportedになったー!とかだったら、復活を期待しています!
    よろしくお願いいたします。

  6. Urban Outfitters, Inc. (URBN) Urban Outfitters. ist ein Retail-Bekleidungsunternehmen. Sie betreibt zwei Gesch盲ftsfelder: Einzelhandel und Gro脽handel. Der Einzelhandels Abschnitt enth盲lt die folgenden Marken: Urban Outfitters, Anthropologie, Free People, Terrain, Leifsdottir und BHLDN. Der Einzelhandelswaren wird durch seinen Gesch盲ften, Katalogen und Websites verkauft. Die Gro脽handelssparte entwickelt und vermarktet Frauen Casual Kleidung. Das Unternehmen wurde 1970 gegr眉ndet, mit Sitz in Philadelphia, PA.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>