TinyMCE Preformatted – 記事に整形済みテキストを挿入するためのプラグイン


WordPress 上で整形済みテキストの入力を簡単にする、”TinyMCE Preformatted” プラグインを作りました。

ダウンロード – TinyMCE Preformatted « WordPress Plugins

目的

WordPress の本文内に、HTML や PHP のソースを入力する場合、いちいち <pre> で囲んだり、HTML エスケープを行うのは非常に面倒です。

そこで、WordPress のビジュアルリッチエディターにボタンを追加して、ポップアップウインドウ内に入力したテキストを <pre> で囲んだ整形済みテキストとして挿入するためのプラグインを作りました。

更新履歴

2010年11月22日
TinyMCE Preformattedプラグインを公式リポジトリに引っ越しました。
2010年08月29日
WordPress で整形済みテキストを簡単に入力するプラグイン

ご利用方法

  1. ダウンロードしたプラグインをWordPressの管理画面で有効化してください。
  2. 有効化すると、ビジュアルリッチエディターの左上に「整形済みテキストを挿入」ボタンが追加されます。
  3. ボタンをクリックして表示されるポップアップ上のテキストエリア内に HTML や PHP のソースを入力すると入力内容が HTML エスケープされ <pre> で囲まれた状態で本文内のカーソル位置に挿入されます。

挿入例

<?php
  $foo = 1;
  echo $foo;
?>

ライセンス

WordPress コアに準拠し GPL とします。

ご利用いただいた方は、感想をいただけるとうれしいです。

 

TinyMCE Preformatted – 記事に整形済みテキストを挿入するためのプラグイン” への6件のコメント

  1. ピンバック: TinyMCE Preformatted を導入しました。 | 趣味関係のメモ帳

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>