VCCWのboxを作成してVagrantのプロビジョニング時間を短縮する


なんか最近忙しくて頻繁にプロビジョニングしてるので、時間を短縮するためにboxを作ることにしました。

boxとはAWSでいうAMIのようなもので、VCCWでプロビジョニングしたマシンを保存して再利用することで、大幅にプロビジョニングの時間を短縮することができます。

さらにVCCWのVagrantfileにこのboxを指定しておけば、WordPressのセットアップはVCCW側がうまいことやってくれるので安心です。

実際、一からプロビジョニングする方法だと15分〜20分ほどかかってた時間が、この方法だと2分ほどで完了するようになりました。

続きを読む

WordMoveを使ってVagrant内のWordPressと本番環境を同期する!


先日、@_tanshio さんからプルリクエストをいただきまして、VCCWにWordMoveというデプロイツールを組み込みました。

VCCW

http://vccw.cc/

@_tanshio さん、ありがとうございます!

そんなわけで、今回はWordMoveを使って本番環境とVCCWでコンテンツを同期する方法を解説します。

続きを読む

WP Total Hacks 1.9.0 – テキストウィジェットでショートコードとかoEmbedが使えるように!


WordPressプラグインWP Total Hacksをアップデートしました。

https://wordpress.org/plugins/wp-total-hacks/

今回のアップデートでは、テキストウィジェットでショートコードやoEmbedを使えるようにするための機能を追加しました。

WP_Total_Hacks_‹_Welcome_to_the_Vagrant_—_WordPress

続きを読む

Simple MapでinfoWindowの中に画像を表示する


Simple Mapについて、infoWindowの中にHTMLは使えないの?という質問がよく来ます。

以下のようにすれば、Simple MapのinfoWindowにHTMLを使用できます。

 

[map addr="和歌山県串本町" height="300px"]<img src="hoge.jpg" />[/map]

 

住所をaddr属性で指定して、[map]〜[/map]の間にコンテンツを挿入する感じです。

以下の地図でマーカーをクリックすると画像が表示されるのがお分かりいただけると思います。

 

 

そのた詳しいことは以下のページをどうぞ。

Simple Map – 超簡単&スマフォ対応のGoogle Map | firegoby

以上。

Gruntを使用したWordPressプラグインの開発


先日発売されたプラグイン本なんですが、実は執筆の時点で600ページ以上ありまして、編集の段階でボツになった原稿が大量にあります。笑

今回はボツになった原稿の中から、Gruntを使ったプラグイン開発というネタの原稿を放出します。

まあ最近はgulpのほうが…って声もあるでしょうが、そのへんはお好みで。

サイトの拡張性を飛躍的に高める WordPressプラグイン開発のバイブル

続きを読む

”サイトの拡張性を飛躍的に高める WordPressプラグイン開発のバイブル”って本を書きました!


ちょっと海外に一ヶ月ほど行っていたので紹介が遅れましたが、このたび本を書きました。

サイトの拡張性を飛躍的に高める WordPressプラグイン開発のバイブル

で、ちょっと挑戦的なことをあえて書きますが、この本は日本で初めての開発者をターゲットにしたWordPress本です。

少なくともそうなることを意識して書きました。

続きを読む

WordPressのTinyMCE Templatesプラグインが公式ディレクトリから消えたお話


僕が公開しているプラグイン、TinyMCE Templatesが、本日現在公式ディレクトリから消えております。

原因は、ウクライナ語の翻訳ファイルがスパマーさんだった&プラグインのreadme.txtで、そのスパマーにリンクを貼っていたということが原因のようです。

プラグインそのものに変なコードが入ってたわけでもないし、リンク先のサイトでマルウエア等に感染するみたいなこともないので、ご安心ください。

Hello!

This is a mass-email being sent to all authors who recently made a change in the directory to add links to the website getvoip.com.

We have been informed that the individual(s) associated with this domain name have been sending out mass “spam” in an effort to get his links included in many plugin pages on the WordPress.org directory. To accomplish this, he may have provided translations of your plugin into Ukranian. The few translation files we have examined appeared to be automated translations, perhaps from Google Translate or a similar service.

Regardless of the source of the translations, we do not look kindly upon persons mass emailing our plugin authors, nor upon linkback schemes such as these to get links into our plugins directory.

Therefore, we are informing you that these links are not allowed on WordPress.org and must be removed. If you have any link to getvoip.com in either your plugin code, or in the readme.txt file, that link must be removed or the plugin will not be continue to be listed on WordPress.org.

In fact, if you have *any* such credit links for translation files, we would ask that those be removed as well. Any emails you receive which ask for a link on WordPress.org, or in a plugin’s code, in exchange for any form assistance with the plugin will be treated as “spam”, and plugins that fall into this trap will be de-listed from the WordPress.org directory.

We apologize for the inconvenience, and in the future, we would remind everybody that the plugins directory is a free directory, intended for code to help the users of WordPress. It is not a suitable place for linkback schemes or for other “SEO” type operations. Links from a WordPress.org plugin page (and therefore a readme.txt page) must be relevant to the plugin or it’s authors, and not treated as any form of “compensation” for providing translations or other assistance with a plugin’s development.

In the near future, the WordPress software plans on adding new ways of providing language packs to users and easing the burden on plugin authors in this regard. When that happens, this sort of thing will hopefully reduce in number.

We appreciate your contribution to the WordPress.org directory, and we hope that you can get these links removed from your plugins as soon as possible. Thank you.

僕はプラグインの翻訳を性善説的な考え方に基づいて受け入れていて、まあたまに明らかにリンクをあてにしてるっぽい人もいるんですが、そういうのもウェルカムだと思ってたんですけど、Google翻訳そのまんまなやつはやだなーということで、このウクライナ語の翻訳ファイルは削除しました。

以前にも中国語の翻訳に政治的なメッセージを入れられたことがあって(これの犯人はたぶん日本人)、その時は中国語のユーザーが指摘してくれたんですが、こういうのが増えるといろいろとめんどくさいですね。

世間を騒がせているなんちゃら細胞の論文の件もそうなんですが、そこを疑わなきゃいけなくなったらそりゃ大変だよみたいなことも世の中にはあってですね、こういうのはほんとうに迷惑です。

そんなわけで、プラグインの方は数日中に復活すると思います。

 

WordPress用のVagrant環境VCCWが大幅にパワーアップしました。


WordPress用のVagrant環境「VCCW」に、最近いくつかの新機能を加えましたので、まとめて紹介します。

なお本日現在のVagrantの最新版1.6は、Vagrant側の不具合により動作しませんので、1.6.1のリリースを待っていただくか、1.5.4を使用してください。

はっきりとアナウンスしていませんでしたが、Windows環境でも動作します。

続きを読む

PHP_CodeSnifferを使ってWordPressのプラグインやテーマがコーディングスタンダードに準拠しているかチェックする


先日、海外のユーザーさんから「おまえWordPressのコーディングスタンダートをガン無視してるやないか!」というツッコミを頂きまして、「あーすいませんすいません」みたいなやりとりをしてたら、コマンドラインでコーディングスタンダードに準拠しているかどうかをチェックするツールを教えてもらいました。

phpcs

続きを読む